ご挨拶

兵庫県医師会は平成18年に女性医師の会を設立し、同時に医師会内での活動拠点として 女性医師委員会(現在は男女共同参画推進委員会)を立ち上げ、女性医師の勤務環境改善に取り組んできました。

女性医師が結婚、出産、育児などで離職し、再就業を希望される時、日進月歩の医療に対応出来るかどうかの不安を抱える先生もおられるでしょう。そのような不安をお持ちの先生は、この女性医師再就業支援センターで再研修を受けられることをお薦めします。80時間の臨床研修と座学で1ヶ月程度の期間です。

兵庫県は平成19年に医師不足の対策として女性医師再就業支援センターを企画し、その業務を医師会に委託されました。再就業支援の対象となるのは、結婚・出産で離・退職した女性医師で 研修後は県内の医療機関へ勤務する意思がある者とされています。この制度を利用すれば、県立・市立・私立病院で最先端の医療研修が受けられます。県の委託事業ですので費用は無料です。 現在まで7人の医師が研修を受けられ、再就業されています。

再就業をされる時は、この制度を使って医療現場を見学し、研修を受け、最新の技術を身につけ、自信を持って職場に復帰されることをお勧めします。ぜひご相談ください。

 

兵庫県男女共同参画推進委員会

委員長 渡辺弥生

コメントは受け付けていません。